立ち方 改善 足痩せ

脚痩せしたいなら、立ち方から改善しよう!

立ち方と足痩せ

脚痩せがどうしてもできないとお悩みの方、
その脚痩せの失敗、実は立ち方が原因かも?
脚痩せしたいなら、まず立ち方から変えてみましょう!

 

脚痩せをするために、マッサージやエクササイズ、
食事制限など、色々な方法があります。
けれども、立ち方を気にしたことはありますか?

 

脚痩せには、立ち方が大きく影響します。
正しい立ち方をするだけで、
脚が見違えるようにすっきりするかも!

 

脚痩せできないのは、間違った立ち方のせいかも?

普段立っているときに、
立ち方を意識して立っていますか?
立ち方というのは、体全体に大きく影響します。

 

例えば、猫背で立っている人は、
体の重心が前に傾いてしまい、
体全体の代謝が下がり、太る原因に!

 

電車に乗るときなど、吊革に手をかけて、
重心を前に預ける癖のある人は要注意!
前重心の立ち方は、出来るだけ避けましょう。

 

なぜなら、前重心の立ち方をすると、
体重を太ももの前部で支えることになるので、
太ももに偏った筋肉が付いて太くなります。

 

脚痩せのための正しい立ち方は?

では、どのような立ち方をしたら、
脚痩せに効果的なのでしょうか?
脚痩せに効く正しい立ち方を紹介します。

 

まず、両足を肩幅ほどに開き、顎を引きます。
これが基本の立ち方です。
そして、頭のてっぺんを意識します。

 

そのまま、おしりをキュッと引き締めるようにし、
両足に均等に体重をかけるようにするのが、
脚痩せに繋がる正しい立ち方です。

 

最初は違和感があるかもしれませんが、
見た目にもすっきりとして、
姿勢が良い立ち方になりますよ。

 

立ち方を変えると脚痩せに効く理由

立ち方を変えるだけで、
どうして脚痩せに効果があるのでしょうか。
それは、筋肉のバランスによるものです。

 

間違った立ち方をしていると、
本来真っ直ぐバランスが取れるはずの
体の重心がずれてきます。

 

すると、骨盤や関節が歪み、
どんどん体全体にずれが生まれてきます。
ずれが大きくなると、筋肉の付き方に変化が起きます。

 

本来ついてはいけないところに筋肉がついて、
筋肉太りをしてしまったり、
必要なところに筋肉がなく、脂肪が付いたりします。

 

正しい立ち方をすれば、筋肉の付き方も正常になり、
本来つかなくていい脂肪も減って、
脚痩せに繋がるんですね!

 

立ち方を変えて、脚痩せだけでなく全身健康に!

間違った立ち方による体の歪みは、
体のバランスを狂わせ、
色々なところに不具合が生まれます。

 

立ち方が悪いと血行が悪化し、
体内の循環が悪くなってむくむことで、
脚が太くなったり、体調に影響が出ます。

 

脚痩せだけの目的でなく、
体全体を見直す目的で、
普段の立ち方を変えてみることがおすすめです。